HOME>特集>脳の病気の内容と治療方法についてご紹介します

注意した方が良い脳の病気です

脳動脈瘤とは脳の中の動脈にこぶのように膨れた形で発生する瘤状となった物で、初期には症状はあまり感じませんが大きくなると破裂して手術が必要になったりします。そしてこの場合には脳動脈瘤は血管の近くの脳や神経などを圧迫することになるため、この点でも非常に注意が必要と言えます。また、早めに分かる場合は人間ドックなどの画像検査で見つかることが多いので、定期的に健康診断を受けるようにすることが大切と考えられます。

原因としては次のようなことが存在します

この病気になる場合は生まれつきの先天的素因と生活習慣などが原因となる後天的要因の二通りがあります。ですから家族に脳動脈瘤があった場合には注意が必要ですし、生活の仕方に関してもマイナスにならないように考えることが大切となります。

このような生活の仕方に注意しましょう

この病気を作りやすい生活の仕方としては、飲酒や喫煙を頻繁に行っているというような生活習慣の乱れがあるようです。そのため脳動脈瘤に対してマイナスになりやすい生活の仕方をサイトで調べたり医師に尋ねたりして、これらを避けるようにすることが大事と言えるでしょう。

大きくなった時の症状はこのようなものです

脳動脈瘤が大きくなると言語障害や意識消失、さらに強い頭痛などが生じることがあり、入院が必要になる場合もあります。少しでも可能性があると感じたときには、できるだけ早く病院の医師に相談してみるようにすることをお勧めします。